Westヘッダーイメージ

AND MORE徳島ラーメンのルーツ

徳島らーめんと祖谷そば

徳島らーめんと祖谷そば

麺王国徳島

徳島県は吉野川水系に沿って、各種の麺処が存在する麺王国です。
祖谷そばや半田そうめん、御所たらいうどんなどが吉野川水系の軟水でダシが馴染むこともあり、麺文化はとても発達しているのが特徴です。
徳島らーめんのルーツは小松島だと言われており、戦後・中国から引き揚げてきた人たちが阿摂航路経由で帰国して始めたものと言われています。
それゆえ、老舗の徳島らーめん店では今でも「支那そば」「中華そば」と表記されてるお店があります。

とんこつ醤油の茶系、あっさりの白系

とんこつ醤油の茶系、あっさりの白系

徳島らーめんとは

徳島らーめんはスープの色で、3つのグループに分けられます。
旨み黄色いスープの黄系、徳島らーめんの発祥とも言われるあっさり系の白系、パンチの効いたとんこつ醤油の茶系の3つが基本となります。
世間一般的には、茶系イコール徳島らーめんというイメージの方が多いと思います。
トッピングは店舗により異なります。
最後のご当地ラーメンとして、1999年に徳島市内の老舗らーめん店「いのたに」が新横浜らーめん博物館に期間限定で出店して、以後全国的に徳島ラーメンが知られるようになりました。
徳島でらーめん文化が発展した理由として、日本ハムの前身であった徳島ハムがあったおかげで、大量のとんこつが安価に仕入れることができたという点が挙げられます。

徳島ラーメンとごはん

徳島ラーメンとごはん

ご飯と食べるらーめん

徳島ラーメンには「ご飯と一緒に食べるらーめんである」という大きな特徴があります。
特にベーシックとされる茶系の徳島らーめんではごはんとセットが普通であり、らーめん自体にはメンマ、もやし、ネギ、甘く煮込んだバラ肉(にし利ではチャーシュー)とシンプルな構成になっています。
甘味とコクのスープでごはんと一緒に食べるという食べ方から、すき焼きらーめんと呼ばれることも。その為、徳島らーめんには替え玉はなく、麺も一般的ならーめんに比べて少し少なくなっています。
徳島らーめんとごはんは、切っても切れない関係なのです。

徳島市内への道のり

徳島市内への道のり

徳島県西部の徳島ラーメン店として

徳島市では徳島ラーメン店も多いのですが、徳島の西(高知方面)に来ると、徳島らーめんを食べられるお店は、ほとんどありません。
高知方面からお越しのお客様、祖谷観光をされたお客様、または地元のお客様が徳島らーめんを食べたいとなると、徳島市内まで約1時間半の移動が必要になり、気軽に行ける距離ではありません。
徳島県西部でも気軽に、本格的な徳島らーめんを食べて頂けるようにと、開店の運びとなりました。
しかし、祖谷そばは地元の味ですが、徳島らーめんのルーツは徳島市内にあります。「本物」の徳島らーめんをお出しするにはどうすればいいか試行錯誤し、市内の「本物」のらーめん店に力をお借りしました。

研修を受けるにし利スタッフ

研修を受けるにし利スタッフ

にし利の徳島らーめん

にし利では本場徳島市内の超有名店「ふく利」で、修行を行い、徳島らーめんの基礎を習得しました。
にし利の徳島らーめんは、茶系の分類に該当し、トッピングはもやし、チャーシュー、メンマ、ねぎとなっています。
お好みで徳島らーめんの代名詞と言える「生卵」やトロトロに煮込んだ「煮玉子」のトッピングもお勧めです。
また、白系の系統にあたる徳島らーめんに香ばしい揚げ葱と紅ショウガ、焼き海苔をトッピングした「特製揚げ葱らーめん」もラインナップしています。

今日も元気に営業中!

今日も元気に営業中!

おいしいらーめんを食べて頂くために

おいしいラーメンは日々の積み重ねが重要です。
スープの温度、かえし(タレ)の量、麺のゆで時間、盛りつけのスピードなどなど常に最良を模索しながらラーメンを調理しています。
おいしい徳島らーめんをお客様にお出し続けるために、「一日一麺一生懸命」!!